<< キニナル展覧会 元気です、 >>
あの日のこと


d0153650_1456644.jpgd0153650_14561166.jpg
d0153650_14561799.jpgd0153650_1456139.jpg







夜勤明けの夫に息子をお願いして妊婦検診へ。
36w。これから毎週検診である。
もう腹帯外していいよ、と云われ
ついに出産する体制へ入ったのかと
気持ちがピリリとした。
家に帰ると相変わらずな日常があって落ちつく。
ここにもう一人増える日まで
もうちょっとのんびりしたい。


さて、どんな風にお腹の赤ん坊は生まれてくるのだろう。
どんな道のりなのだろう。
合図ちゃんとくれるのかな。

息子は出産予定日(金曜)の検診で
週明けまで待って出てこなそうなら促進剤つかいましょ、
ってことになった。
前々の検診から息子の頭のサイズと
わたしの骨盤のサイズを考えると
その日までしか待てないようだった。
結局週末はお産の気がなかったので
月曜の朝に入院の荷物を持って普通に病院へ行き
それから約9時間後に息子は誕生したのだった。

先生や助産師さんは翌朝までかかるかも。
ってはじめは云っていたけれどわたしは
そんなにかかっては困ると思っていた。
夫が夜勤だったので仕事前には生んで見せてあげたかったし
わたしもこの痛みがそんなに続くのはごめんだったし
息子も早く出てきたかったのだろう。
18時になったらいきんで良しと云われ
それから18分後4回目の波で
息子は目をバチっと見開いて生まれてきた。
取り上げてくれた先生が
「目が合っている!!」と云っていたっけ。
初産とは思えぬいきみっぷりだったと
先生助産師さんに大変労ってもらったなあ。

と、息子が生まれてきた日のことを
つい昨日のように思い出している近頃なのである。





d0153650_2425317.jpg

誕生したばかりの息子。
お腹の子も同じ顔して出てくるのだろか。





d0153650_1456262.jpgそれから2年3ヶ月後。


口癖は「こわーい」と「いやだ、いやだ」
ビビリでイヤ病真っ盛りであるが
「3人で出かけようか」と云えば
「3人違うね、4人だね。」と返ってくる。

彼の中であかちゃんはどんな存在になるのかな。
今日は4人でお出かけよ。








[PR]
by ciclico | 2013-04-11 06:00 | 母子手帖 | Comments(0)
<< キニナル展覧会 | 上に ↑ | 元気です、 >>