<< 粉おやつ、GW わが家の春日和 >>
こどもギャラリー

息子の絵、
どんどん表情がついてきた。

見てやってください。




d0153650_147635.jpg



かなりショートヘアだが
わたし なのだそう。

台所仕事していたら見せにきたのだった。
あ、まだ消さないで〜、と
慌てて手を拭いてパシャリ。




d0153650_147974.jpg



次いで
「○○○ちゃんも描いたよー」と見せにきた。
むすめ なのだそう。
相変わらずむすめは白目むいている。
(過去の 




d0153650_147293.jpg




ついに眉毛あらわる。

しかも迷子で泣いているのだそうだけど
大粒の涙、とはこのことか。
どぼじで どぼじて 
風だいざいもん、みたいである。

左の子なんて目より大きい涙。




d0153650_147465.jpg



これは蒸気機関車。

先日益子から帰ったあとに描いたもの。
色使いが自由で良いなと思う。





d0153650_2211110.jpg




けいさつて帳、と書いてあるけど
これはわたしの保育園時代の連絡帳である。
先生と母のまいにちのやりとりが記されてある。
ずーーーっと前に貰っていたんだけど
この度むすこが入園して
自分はどんなだったのだろ、と
引っ張り出して久しぶりに読んでいたら
なんだか泣けてきた。

迷わない悩まない母親なんていないんだね。
しかも父は出張が多くあまり家にいなかったようで
何かと不安だったようである。
保育園の2年保育だったのだけど
内気というか、自分から輪に行けなくて
なかなか園に馴染めず苦労したことを
幼心によく覚えている。
他にもちょいちょいと記憶が残っていて
ああ、母はこのときこんな風に思っていたんだとか
また思い返し切なくなったのだった。
あんまり良い思い出がない2年で
先生からの言葉も時に厳しく、、、
この頃の自分を抱きしめてやりたくなった、笑。



d0153650_2212162.jpg



d0153650_2211978.jpg




このこと、すごーく覚えてる。

母はこの頃化粧品の販売をしていたので
パレットに並んだ絵の具のように
口紅が色とりどりあった。
わたしの目にはそれがとっても魅力的に映って
母の目を盗んで(盗んだつもりだった)
片っ端から付けてはティッシュで拭き取って、
ってしていたのだった。
母もすぐに止めればいいのにね。
きっと大人しくしてるからまあいいやと
そのままにしていたのだろう。
今じゃそんな母心もわかるなあ、と。


そして最後余った頁には





d0153650_9414424.jpg




笑!!!
幼きわたくしの絵が、笑。

むすこの絵に突っ込んでいる立場では全くなかったー。




d0153650_2211414.jpg




みみちゃん、って誰やねん。
今で云う プリキュアみたいなもんか?
手の出所 こわいよー。

この頃を自分を抱きしめてやりたい、笑。





d0153650_1018514.jpg


今日はどんな絵を描くのかな、
クレパスを削っておこう。









[PR]
by ciclico | 2014-05-01 10:36 | 母子手帖 | Comments(0)
<< 粉おやつ、GW | 上に ↑ | わが家の春日和 >>