<< 動物園へゆく 誕生日のプレゼント >>
食卓事情、憧れのひと。




d0153650_23104788.jpgd0153650_23104351.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_2311243.jpgd0153650_23105673.jpg


             1. 根菜とひじきサラダ×まんとう
             2. 人参ばななマフィン+マダム信子のブリュレ
             3. ひじきとお豆腐バーグ+玉葱マリネ
             4. 揚げ浸し









作ることも食べることも撮ることも
ゆっくりできることが稀な日常。
息子が幼稚園へ行っている午前中の
むすめが昼寝している間の1時間くらいが
まともな準備の時間だ。
むすめが今ものすごおくわたしに執着しており
夕飯前は温めるだけとか盛りつけるだけとか
そんなことしかできないのである。
これから仕事に出ようとしているのだけど
この午前中の準備時間がなくなるとなると
夜にしようか、朝にしようか。
段取り上手になりたいものである。





d0153650_23113932.jpg



今日の昼、夜、ほぼ一緒。
奥から、
山椒の葉とちくわの天ぷら
茄子とトマトの揚げ浸し
南瓜煮
瓜の浅漬け
気づけば夏野菜ドドンと。
気温30度、とか予報でちゃうと
無意識にこんな野菜が籠に入るわけである。





d0153650_23114389.jpg





幼稚園帰り。
起きたまま帰宅することは5分の2。
5分の3はこんな感じ。
このまま抱きかかえて部屋でも続睡してもらう。
同時にむすめも寝てくれたら
そこでご飯の支度ができるのだけど
なかなか一緒に寝てくれない。
むしろ兄が寝ていると独占できると嬉しそう。
逆に息子もむすめが寝ていると嬉しそう。
夫にこれ云うと、
のろけかって云われるのだけど
一緒に昼寝して欲しいのは本心なのである。




幼稚園は楽しく通っている。
どうやら好きな子がいるみたいである。
その子の話をとても嬉しそうに話すのだ。
毎朝一度は幼稚園に「行きたくない」と
云ってみる息子なのだが
○○ちゃんと会えないよ、と云うと
それは嫌だと云って支度するのである。
それにしても、親ってずるいね。

家帰ってからの遊びは
もっぱら幼稚園ごっこ。
「紙芝居、(図書館で)借りてきて。
乗り物のやつね。」
と頼まれ借りてきた。





d0153650_0244874.jpg


さあ、読みますよー。席に座ってくださーい。


d0153650_0244678.jpg


座らせられる生徒役のむすめである。


d0153650_0244424.jpg


ちゃんと座ってよー。怒られているのだった。




d0153650_0324857.jpg


歌の時間。


d0153650_0334057.jpg

今度は仲良くやっている。
生徒は先生の歌に鈴を振り体を揺らしていた。















[PR]
by ciclico | 2014-05-28 01:06 | 母子手帖 | Comments(2)
Commented by kimidori at 2014-05-28 08:14 x
大好きな暮らしの本の1ページをめくっているようです。
Commented by ciclico at 2014-05-29 00:28
> kimidoriさん
きっと好きな本も似ているのでしょうね。

<< 動物園へゆく | 上に ↑ | 誕生日のプレゼント >>