カテゴリ:愛良品( 13 )
たくまさんの器


d0153650_21214466.jpg
わーーーーーい !

d0153650_21201594.jpg
すってきな おくりもの ✳︎




むすこのインフルが終わった!
と同時に届いた贈りもの。
こびりさんの菓子
看病疲れに沁みた。
ほろほろのきなこと加賀棒茶
がりごりなそばの実。
これが特に好みだった。
あと可愛い御子の型ぬきは
お楽しみを先延ばし。
むかーし昔子供だったとき
お祭りとかでやったなあ。
(うまくできた試しないけど)
うまくできたら報告いたします、笑。
もうすぐ誕生日、覚えててくれてありがとう。
なんと嬉しいことに!
大好きなたくまポタリーさんの器をいただいた。
ほんとうにほんとうに嬉しい。




d0153650_2250945.jpg




2年前の展示で買ったお皿。↑
同じようで少し違う。
なんとなくじぶんのはこっち。
と思っていた方を夫に割られてしまった。
だからね、いただいたのが同じ大きさので
ほんと嬉しかったのです。
この子もこれから沢山活躍してもらおう。
のせるものの方も頑張らなくては。
以下、過去を振り返り活力に、笑。




d0153650_2250484.jpg


d0153650_2250722.jpg


d0153650_22501123.jpg


d0153650_22501453.jpg


















[PR]
by ciclico | 2015-01-20 23:12 | 愛良品 | Comments(0)
今、気に入っているもの


d0153650_2381177.jpg






縞縞の麻の生地でスカートを作った。
3、4年も箪笥に寝かせていた生地である。
薄生地なので春になると手に取り
スカートにしようかプルオーバーにしようか
でも決めれなく畳んでまた戻していたのである。
この春(もう夏?)ついにスカートになった。
威張ることはない。
型もいらない、簡単ギャザースカートである。






d0153650_2382525.jpg



d0153650_238215.jpg






これはStitchandSewのリュック。
さんに再入荷したと知り
買いにいったのは3月のこと。

そろそろむすめが歩くはず(?)なので
エルゴの代わりにこれを背負うのが楽しみである。
自転車で前後に子どもが入ると荷物はどうする?
で、リュックかなあ、と。
水曜日からお仕事開始だし出番増えて嬉しい。
軽いし、シンプルでお気に入り。






d0153650_2339347.jpg




これはむすこの靴。
どっちとも16cmだけど見た目随分違うね。
左はBELLEMAISON。
自分で脱ぎ履きしやすいらしい。
お値段もお優しい。
右はNIKE。
幼稚園でかっこいいね、と褒められ
にんまりしていた。
自分で選んだからね、嬉しかったのだろう。






d0153650_23501748.jpgd0153650_23501563.jpg






益子で買った髪ゴムと
佐藤敬さんの器。
1時間半のフリータイムじゃ
全然足りなかったよ。
雨ふりで傘さしてむすめ抱っこして
何枚もお皿抱えて歩くことできなかった。
またぜひ行きたいですわ。









[PR]
by ciclico | 2014-06-09 01:08 | 愛良品 | Comments(4)
誕生日のプレゼント

d0153650_2463549.jpg



d0153650_2464012.jpg


母から手編みもの。
帽子、チョッキ、セーラーのつなぎ。





マンションの友から本借りてて
母に見せてみたら編みたい!!と云うので
コピーして渡した数日後(早っ)いただいた。
コットンの糸、気持ちがよい。
あと、秋冬用のカーデを頼んでいる、笑。
もうこどもニット買うことなさそうである(♪♪)





d0153650_2464472.jpg



義父母からリュックサックを。
むすこのも便乗していただいた。
かなりお気に入りのようである。
幼稚園の鞄もそうだけど
自分の持ち物を自分で持つってのが
大人に近づけた感じで嬉しいのかな。






d0153650_2464920.jpg


d0153650_2465355.jpgd0153650_2465647.jpg



友人からおさるのおもちゃを。
云ったことを復唱しながら動くおさる。
むすめの驚いた声泣いた声足音
言葉だけじゃなく音全てに反応。
それが奇妙みたいで
決して触ろうとしないのだった、笑。



d0153650_2465974.jpg




終いには泣いちゃうのだけど
もれなく3歳児も一緒に。あらら。







d0153650_247197.jpgd0153650_247675.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_2471347.jpgd0153650_247896.jpg
1. 2.)そろそろ自転車もこども席に座らせよう!とヘルメットを購入。今の自転車を買うときの候補にあったbikke。付属品がなにかと可愛かった。縞縞が黒地ぢゃなくて白ベースだったら良いのになあ。と思いながらドットを購入。  3.)ファーストシューズはZOOMのTストラップに。常に素足が良いようで靴も靴下もすぐ脱いじゃうんだけどね。 4.)友人から羽衣をいただく。贅沢〜。むすめの鼻口用に貰ったのにむすめの手の届かないところへ置いている現実。






□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□




黄色も良かったな。 
男の子だったらクマ柄もマットでかわいかった。





とっても履かせ易いです。



革の。いいなあ。





[PR]
by ciclico | 2014-05-26 17:08 | 愛良品 | Comments(4)
愛用報告

d0153650_16325160.jpg

             ほんとにたくさん頂きました。

              「ご愛用」の報告です。






ブログの他に毎日育児日記をつけてます。
使っているのは出産祝いで頂いた「ほぼ日手帳」
とても使いやすくて毎日書くのが楽しい。

左の時間軸には授乳時間やおむつ替えた時間、
離乳食や昼寝、散歩などの外出、おふろの時間など記して。
右のフリースペースには出来事、思ったことなどを
夜、ベッドで子どもの寝顔を見ながら書くのが日課。

どんなにうまくいかない日だったとしても、
子どもの寝顔を見て今日を振り返ると
大丈夫、と思えて
また明日がくることが楽しみになっている。



d0153650_15452158.jpgd0153650_15451791.jpg






大活躍しているよ、ありがとう。
d0153650_183757.jpg







d0153650_18135315.jpg
ほぼ日のカバーは皆川さんのなんだけど、
まだ皆川さんを知らないとき
手創り市で出会ったポーチ。
おそろいが嬉しい。




            このポーチを作った作家さんから
            頂いたものも、これまたかわいくて。




d0153650_1836960.jpg


            箱をあけたとき倒れそうになった。





d0153650_1836565.jpg





d0153650_19143774.jpg靴下は残念ながらもうはけなくなってしまったよ。


スタイはこれをするとよりかわいく見え(笑)
とてもお気に入りです。
この頃(3ヶ月)は
よくおんなの子にまちがわれたけど
今はすっかり男顔になってきた。
でもまだ似合ってると思う(親心)




            とてもかわいいものをどうもありがと。
[PR]
by ciclico | 2011-05-29 19:40 | 愛良品 | Comments(7)
Rucyさんの石けん
d0153650_11421281.jpg



今朝は寒かった。
肌を甘やかしてちょっと暖かいお湯で顔を洗う。


先日お気に入りの石けんが届いた。


いつも包みが可愛くて開けるのを躊躇してしまう。
でも、中に入ってるヤツはもっとかわいい。
いい匂いまでしちゃって。


おろしたてのまだごつごつと四角ばった石けんを
手の内で転がしているときって、ちょっと幸せ。


d0153650_21495244.jpg

□ Handmade soap Rucy

ついつい リピートしてしまうのはこれです











[PR]
by ciclico | 2010-12-10 22:16 | 愛良品 | Comments(0)
| 8 . 白木屋傳兵衛の箒

d0153650_20421891.jpg





2007年11月、京橋にある江戸箒の老舗、白木屋傳兵衛(しろきやでんべい)さんに自己満足の会で訪ねた時に購入した手箒です。

床を掃くのはもちろん、埃の溜まりやすい角や、襖や引き戸の溝のチリなども掃き出すのにも優秀な形。さすが、日本家屋をよく知っています。
けれどわたしが数ある箒の中からこれだ!と選んだ一番の決め手は「ブラインドの掃除にも良いんだよ」とお店の方が云った一言。それまで手を焼いていた場所だけにとても惹き付けられてしまいました。
軽いのではたきとしての機能もあり、とても万能選手の1本です。
手ぬぐいを頭に巻いていれば、大仏殿のすす払いをしている気分に浸れます。
 
 今年もお世話になりました。   




d0153650_20425578.jpg

白木屋傳兵衛とは




さいごのことば。

最近日々の掃除で、掃除機をだして掃除することが面倒になってきました。
本当にものぐさ極まりない。でも汚いのも好きじゃないのが幸いで掃除をしています。
そんなわたしにピッタリだ。と思うのが箒です。
考えてみると意外と縁があって箒を使っている方居られると思います。
学校や、職場は掃除機よりも箒で掃除をしているところはまだまだ多いと思います。とくにお店なんかでは掃除機はないってところはあれど、箒がないってところ少ないです。色んな利点があるからだと思います。その利点を家でもと思うわたしです。傳兵衛さんの江戸箒は一大決心の覚悟ですが、掃除機を1台と考えれば...などと理由付けして来年長柄を買おうかと悩み中です。それに伴い長柄江戸箒に似合うちりとりを探し中。

日々の仕事は道具次第でやる気と楽しさが増してゆきます。
人がなんと思おうが自分のお気に入りがあるというのは幸せです。
[PR]
by ciclico | 2008-12-17 00:06 | 愛良品 | Comments(6)
7.| 窓掃除部

d0153650_840166.jpg1 | 3
ー ー
2 | 4 | 5



1. スクイジー
 水拭きした後の窓の雫をきる為のもの。
 3年程前にホームセンターで購入。

2. お酢 
 洗剤の代わりに使用します。
 普通の100円程度の安い醸造酢です。

3. ツルさん (わたしが勝手に名付けた)
 お尻のブラシで窓の桟や、網戸のほこりを掃き出します。
 くちばしの部分でこびりついた汚れをガリガリとこそぎます。 

4. 丸善化工社のマイクファイバーダスター
 窓の乾拭き用に。鏡もこれで拭くとピカピカに。

5. バケツ
 ホームセンターで298円くらいで買ったもの。
 14年使ってます。丈夫です。そして良い味になってきました。

窓掃除部には入部していませんが、他にぼろ布



--- How to use ---

a: バケツにお湯を溜め、お酢を大さじ3程度入れます。
 
b: (前回の)グローブをはめます。

c: ツルさんで窓の桟の埃を掃き出しておきます。
 埃は水に濡れてからではやっかいなので先に手を打ちます。

d: まず内窓から。
 ぼろ布を(a)に浸しダラダラ垂れない程度に軽く絞って窓を拭きます。
 スクイジーで水切り。ダスターで残った水滴を拭いながら。
 窓枠も拭いておきましょう。

e: 網戸の掃除。
 本当は外して。と言いたいですが、面倒なのでツルさんで外側から埃を取り、ぼろ布で拭きます。割と充分キレイになった感があります。

f: 外窓の掃除も内側と一緒です。

g: 最後に窓桟をぼろ布で拭き上げます。うちは排水可能なベランダなのでバケツの水をドバーーーッと流してしまいます。

 

掃除部の裏側
[PR]
by ciclico | 2008-12-14 21:51 | 愛良品 | Comments(0)
6.| ニトリルのグローブ
大掃除の前にはめるグローブ


手にピタッ!!とフィットする薄手のゴム手袋です。
どんなに「薄手」と書かれていてもよくあるゴム手袋がわたしは苦手です。
ものに触れる感覚がにぶるからです。

その点をカバーするニトリルのグローブ。
業務用です。100枚入りで800円くらい。1枚8.0円。両手で16.0円。
かっぱ橋道具街など、飲食店業務用資材を扱うお店にて。
基本的に食べ物屋が食材を扱うときにはめるもので使い捨てが基本。なのですが、わたしは限界まで洗って使います。
ニトリルではなくてももっとお手頃価格の1箱100枚入り500円くらいのものあります。

絶対さわりたくないもの(かぶこのそそう)とか、あまり素手でいきたくないもの(かぶこのトイレ掃除)とか、このグローブをはめると無敵になれます。しかも素手の感覚なので細かい作業もお任せです。さすがにこの後はゴミ箱へサイナラ〜。






d0153650_16595598.jpg


   て

      
      て



   て
       
    
    て



  乾かし中......
[PR]
by ciclico | 2008-12-14 19:00 | 愛良品 | Comments(4)
| 5. てぬぐい
今日はリビングの大掃除を終えました。

形から入るわたしはまず身なりから。
割烹着(エプロンでは80点)を来て、髪を結い、てぬぐいで姉さんかぶり。
まさに昭和の女。そうしてひとりで気分を上げていくのが楽しいです。


形から入るので(2回目)、用具もこれまで色々買ってみましたよ。
買って結局使わず...ってのもありました。(笑
そして残ったいくつかの道具たち。
ここ何年かのレギュラーを何回かに分けてご紹介したいかなって思っています。(今は)




     1. てぬぐい



日本人は本当に良いものを作ったなあと感じるアイテム。
使い方はいろいろ。よごれてきたら雑巾へ。
洗って干した時に折り返して縫ってあるよりも早く乾くという、てぬぐいの切りっ放しの特徴も、昔の女性の家事の忙しさが垣間見れます。

掃除中、埃から髪を守る為に頭をおおうように被る「姉さんかぶり」は、広げたてぬぐいの中央を額に置き、左右を後ろ(うなじ)へ回し、交差して下にきた2辺のてぬぐいの耳を、耳(本当の)の後ろ辺りに折り込み、のこった2辺のてぬぐいの耳を軽く結んで頭をすっぽり被う。色々被り方があるみたいですが、わたしはこのやり方です。



d0153650_2240514.jpg
かまわぬ 豆絞り 赤

雑貨屋の前の店長さんから、以前誕生日にいただいたもの。
かまわぬ好きと言ったのを覚えてくれていた。
なかなかわたしでは手を出さない色とあえてわかって。
やっぱり女は黙って赤。なのだ。
[PR]
by ciclico | 2008-12-11 23:45 | 愛良品 | Comments(2)
ブリキのタライ

暑気払い



water garden なんぞしたくて、いつかの夏に購入したタライのようなもの。


d0153650_10515520.jpg



油断していると暑さで水がなくなっているは、
はたまた豪雨で中の水草がどこかに流れ出ているはで
一夏で諦めてしまった。


今では、
靴を洗ってみたり、
かぶこのお風呂になってみたり、
水をはって足を入れて涼んでみたりと、
日用品と化してしまった。


今日はなんだかとっても暑い気がする。
[PR]
by ciclico | 2008-08-15 11:04 | 愛良品 | Comments(0)
| 上に ↑ |