カテゴリ:旅日誌( 70 )
やまなっし。


d0153650_235782.jpg


d0153650_2351062.jpg






梅雨明けてから暑い、暑い。
夏休みの2週間が過ぎました。

これは先日のこと。
夫の母とわたしの母と子供達と
山梨へ行ってきましたよ。

各々の夫たちは仕事だったりです。
このメンバー、もう、疲れるかなあと思ったけど
結構良かった!楽しかったです!

女たちは皆、車運転できないから
バスツアーを申し込みました。
義母が探してくれたツアーです。
子供向けのツアーで子達も飽きずに楽しんでこれた。
ただ、席をどうするかってのが問題。
バスは2席だからね。
息子と母、娘と義母、私は他の人と相席がいいかな。
と始めこれで座ってみたのだけど
娘がわたしと座りたがって途中で席替え。
次に息子が飽きてきちゃって席替え。
結局一番落ち着いたというか
子供達が楽しく座ってられたのは
子供二人で座るってことでした。
そして通路挟んで隣にわたしと義母が
母は別の人と相席って感じです。
なんかごめん!と思ったら
寝れて良かったよと云ってくれて、ほっ。
やっぱり自分の親には甘えてしまいます。





d0153650_23285071.jpg





d0153650_23284884.jpg


d0153650_23285228.jpg






鱒の掴み取りー。
素手では、無理でしたー。当たり前か。
息子は諦めず捕まえるまで上がりませんでした。
なかなかしぶとくなってきましたよ。
籠でだけど、捕まえた時は嬉しそう。
食べる時もなんだか得意げ。
美味しかったもんね。ペロリ。






d0153650_23395565.jpg





カブトムシの採取。

ついにこの夏、我が家にカブトムシが来たよ。
ここで子供一人につき
成虫のオスメス一匹づつ持ち帰れるのです。
見つける度に嬉しそうな子供達を見てたら
苦手だけど一緒に育てる決心がついた。
でも幼虫はやっぱり苦手だー。どうしよ。
夜に動く虫だけど今もなんだかガタゴト、、、
もうドキドキしちゃうよ。




d0153650_23395339.jpg

ばあばたちも子供に還った ?     








d0153650_2357914.jpg




夏休みはまだまだつづく !
[PR]
by ciclico | 2016-08-06 00:02 | 旅日誌 | Comments(0)
鳴子温泉

d0153650_1519514.jpg


d0153650_15223022.jpg





鳴子街 いたるところに こけし有り。

潟沼の帰り、遊び疲れふたりとも寝てしまった。
「むすめを抱っこして登った坂道は
この夏で一番汗かいた。」と母。
お疲れ様でした。
お風呂でその汗流しましょ。






d0153650_15191323.jpgd0153650_151998.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4

d0153650_1524415.jpgd0153650_15361971.jpg
                
1.) 公衆電話にも!! 2.) コーラー!!! 3.) ホテルにもたーくさんのこけし。一番小さいのはどーれだ。に真剣に取り組むふたり。4.) 2000本って云ってたかな。この辺りがわたしは好み。ちゃんと着物着てる!かわいい。







翌日、最終日。




d0153650_1665232.jpgd0153650_166542.jpg
パン党のむすこ、ごはん党のむすめ。





朝からこんな別メニューなんてホテルならでは。
お腹いっぱいで食べられなかったけど
仙台ではずんだもちとか
鳴子ではあんころもちとかが
朝からバイキングにある。
振り返ってみると食べ物の写真がない!
子供のを取り分けたり
むすめの分は刻んだりしていたら
写真撮っている余裕が全然なかった。
夫にも報告がてら見せたかったのに、、、反省点。



d0153650_16275062.jpg







3日目は間欠泉だけ見て帰る。
帰りは鳴子温泉駅から古川駅まで
陸羽東線普通列車で45分。
湯けむりラインというらしい。
その後古川でお昼食べて新幹線で大宮まで。
ちなみに帰りの新幹線は「やまびこ」笑。







d0153650_1639745.jpg


d0153650_1639469.jpg


d0153650_1639995.jpg


d0153650_16331352.jpg









d0153650_2212224.jpg
資料を色々借りて旅ノートを作って行った。




d0153650_1639143.jpg
ノートは旅中、子供達の落書き帳に。










[PR]
by ciclico | 2015-08-17 17:02 | 旅日誌 | Comments(1)
仙台から鳴子温泉へ


旅、2日目。
今日の車両は「特急みのり号」!
土日だけしか走っておらず
しかも1日に上り下りが1本づつ。
それに合わせ急ぎめの朝だったが
これに乗ってしまえば後はのんびりなのである。
仙台から鳴子温泉へ2時間の列車旅。








d0153650_120415.jpgd0153650_1204282.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_120399.jpgd0153650_120372.jpg                 
1.) 窓も大きく席もゆったりで快適だったみのり号。2.) はやぶさではリュックを背負ったまま1時間乗っていたむすめもみのり号ではかなりリラッス。3. ) 3両編成で1両目のにはviewスペースがある。運転室にこけしも添乗中。4.) この日はむすめと紺のワンピースでお揃いコーデなのだった。鳴子温泉に着〜。列車は30分停車するので足湯につかりに行く人も。






みのり号、ゆっくりできて良かったー。
なんだかリゾート特急にはまりそうである。
シートも前後の座席幅が広いし
客層も新幹線とは違い穏やかなのが良い。
3両しかないから車内販売がやたらにやってくる。笑
昼またぎの乗車だったらお弁当も食べたかったな。
席をボックスにしてしまうとテーブルが消えちゃうところ
みのりは肘かけ内に隠しテーブルがあって感動した。
これならボックス席でお弁当もイケル!
よくわからないけど特急ってそんなもの?
九州には魅力的な列車が多い。
いつか行ってみたいなぁ。





d0153650_5371420.jpg





鳴子では潟沼に行く。
1200年前にできたカルデラ湖である。
天候気候によって沼の色が変わるそう。
お昼は目の前のレストハウスで。
食後は外に出て少し歩いてみたり
沼に石投げたり。
現役草野球選手のじじの3段飛びに
みんな「おお〜〜〜。」笑






d0153650_5252578.jpgd0153650_5252874.jpg
d0153650_5253657.jpgd0153650_5252257.jpg






そして再びレストハウスへ。
暑さにめっぽう弱い家族。
すぐ屋内に入りたがーる、苦笑。
そしてかなりのんびりした。
なんだか小さい頃にした旅行みたいだった。
懐かしい感じのこのレストハウス、
エアコンがないってのもポイント。
そこで食べたソフトクリームやかき氷は最高。
楽しかったわ。
[PR]
by ciclico | 2015-08-17 15:16 | 旅日誌 | Comments(0)
仙台に行く


d0153650_23211399.jpg




近年の旅行はずっと車だったので
とても久しぶりの電車旅。
今回は旦那不在でじじとばばと一緒である。
そしてむすこ、念願のはやぶさに乗る!!!
行き先は仙台。
でも仙台だとホテル+新幹線のお得なセットプランは
「やまびこ」設定で「はやぶさ」にこだわっていた
むすこはどうしても首を縦に振らない。
はやぶさの顔した(車両はE5形なんだけど)
やまびこではだめなんだそう。
滅多に新幹線に乗ることないし
次はいつ乗れるかもわからないのでここはケチらず
セットプラン諦め「はやぶさ」にしてあげた。

ホームにはやぶさが入ってくると
「これに乗るの?これに乗るの?」と大興奮で
わたしもはしゃぐむすこを見て嬉しかった。
大宮から1駅。
ほんと速い。速い。
1時間で仙台に着いた。





d0153650_23532132.jpg




八木山動物園と迷い、暑いし
アンパンマンミュージアムへ行ってみる。
動物園派のむすこにはイマイチだったようだが
むすめは目をキラキラさせていたよ。
むすめが一番好きなのはバタコさん。
絵本でバタコさんがスカート穿いていたりすると
「バタコさん、おしゃれしてるねー。」と
ものすごく嬉しそうにしている。笑




d0153650_23211815.jpgd0153650_232122100.jpg





仙台着いてお昼にお寿司を食べてきたのに
パンの匂いに誘われ購入。
ひとつが結構大きくずっしり。
大胆に顔をちぎって皆んなで分け合った。





d0153650_0243221.jpgd0153650_0242963.jpg





ホテルにチェックイン後のひとり散歩は
光原社とSTOCK book&coffeeに。
小1時間楽しかったわ。






d0153650_0412319.jpgd0153650_0413028.jpg
1 | 2
ー ー
3 | 4
ー ー
5 | 6
d0153650_0412747.jpgd0153650_0412188.jpg
d0153650_0412588.jpgd0153650_0411952.jpg

                 
1. 夜はさらりと廬山の冷やし中華。
2. むすこも冷やし中華は1人前。むすめは半量。
3. ホテル帰ってサービスの東北がんばろーるという名のくるみのロールケーキと珈琲をいただく。
4. アーケードではアースマーケットをしていた。
5. 3人でホテルに泊まるのは最初で最後かな?貴重な体験。
6. 子供達も非日常に大興奮の一日。寝る前のオリジナルソング大合唱。(行儀悪くて恥ずかしい)






[PR]
by ciclico | 2015-08-14 01:07 | 旅日誌 | Comments(0)
那須 • 2014



d0153650_23461516.jpg




義父母と旅行。
那須へ行ってきたのだった。




d0153650_23461963.jpgd0153650_234617100.jpg



動物王国で羊に餌やり。
戸惑うむすめの手をぐいぐい引っ張るばーちゃん。笑




d0153650_034837.jpgd0153650_035126.jpg



ビーバーにむすこを紹介するばーちゃん。笑
ほんと、可笑しい。


ここは標高が高いので寒かったー。
山の天気は変わり易いというのを実感体感。
ウインドブレーカー着せてって良かった。
雨降り出すと慌てて屋内に避難。
止んだら外へ、の繰り返し。
雨上がりの虹、きれいなアーチだった。
更にロープウェイで上へ。




d0153650_0113256.jpg





山頂は雪。極寒。即退散。
ロープウェイ代もったいなかったね。

温泉宿、女3人で大浴場。
ばーちゃんの夢、ひとつ叶う。
良かったです。
夜ご飯前になってむすこまた熱出す。
皆で食事諦め部屋でむすこと添い寝。
夫途中で代わりにきてくれた。
けど愉しく乾杯!なんて気分になれず
雰囲気だけのオールフリー。




d0153650_0335583.jpg





翌朝6時、部屋からの眺め
= 紅葉+朝陽+虹。
清々しい朝だった。

むすこも復活。


d0153650_0341450.jpgd0153650_034055.jpg




揃ってご飯。
それだけで嬉しいもんだ。
相変わらずむすめのが食べっぷり良く
この旅中比較されてばかりだったむすこ。
本人はちーっとも気にしてないみたい。
ちょっとは張り合ってみたらどうだろうか。
一緒になって「すごいねえ、よく食べるねえ」
と褒めては「これも食べる?」と
自分の苦手なものをあげているのだった。





d0153650_5574451.jpgd0153650_5575029.jpg





南ヶ丘牧場へ。
乳搾り、したかったらしいが
そうゆうのはなかった。
代わりにアーチェリーしたり
夫はむすめと馬に乗ったり
ソフトクリームを食べたり。
ここの濃厚ソフトがおいしかったー。





d0153650_644968.jpg




お昼の部、
ラストオーダーにギリギリ間に合った那須牛。
じーちゃんが食べたいと云っていた那須牛。
奢ってでも食べたい、と仰るので
奢ってもらうことに、笑。
柔らかいお肉、美味しかった。
贅沢なお昼だったな。

御馳走様ー。
のあと駐車場で解散。





d0153650_64476.jpg



両日とも
むすこが本調子でなく
ちょっと可哀想な旅となってしまった。
子の笑顔が一番だな、とつくづく思う。
むすめの笑顔と食べっぷりに
どんだけ救われたか。
夫婦とも、反省の旅。
















[PR]
by ciclico | 2014-11-18 06:26 | 旅日誌 | Comments(2)
益子旅、つづき。

d0153650_19716.jpg





子どもたちと一緒になって寝てしまう毎日。
3月半ばの旅行のこと今更ながらも、、、


翌日は真岡鉄道のSLに乗るために
益子から下館まで車で移動。
下館から真岡までの30分列車旅。
車内販売でお菓子と飲み物を買って
手づくり感漂う小さなテーブルに広げて食べた。
眩しい外の景色とレトロな車内にもくもくの煙。
ガタンゴトンとひどく揺られながらお菓子を食べ
喋っていればあっという間に下車駅の真岡へ。
夫は列車に乗らずに車を回わす係(感謝)。



d0153650_191025.jpg








d0153650_191491.jpgd0153650_192183.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_191856.jpgd0153650_191240.jpg
 
1. 真岡駅で降りたこと。揺られすぎて夢心地?なわたし。2.3. プラレール第一号車はSLだったけど非日常すぎたのか何かと固まっていた息子。でも好きなお菓子のえびせんはしっかり食べていた。4. 真岡は駅舎もSL。







d0153650_1131773.jpg



d0153650_1131389.jpg





所変わってさいごはバンダイミュージアム。
夫希望箇所だったけど案外みんな楽しめた様子。
授乳もすませ高速へ。
車ではずっと息子の唄声がBGM。
おかげでむすめ寝つけず、わたしも寝れず。
夫運転云々お疲れさま。
じいじばあばには最高に楽しかったと云ってもらえ良かった。
笑顔いっぱいの旅、また行きましょ。





d0153650_2492566.jpgd0153650_2492197.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
ー ー
5 | 6
d0153650_2492290.jpgd0153650_2492710.jpg
d0153650_2491734.jpgd0153650_2491974.jpg
 
1.息子は今のとこヒーローモノに興味ないみたいである。恐竜と似ているからか友達との戦いごっこは進んで怪獣役、笑。「ガヲーーーー!!食べちゃうぞぉ!!」が決まり文句。 2.3.まさかこっちも怪獣好き? 4.外ではじじばばがバトミントン。風強いのに、笑。と云いつつわたしも混ぜてもらったのだった。 5.一生懸命ハンドル回して昔のオルガン演奏中。 6.はじめての旅どうだったかな。











[PR]
by ciclico | 2014-04-05 01:43 | 旅日誌 | Comments(0)
益子旅

旅行から随分経ってしまったのだけど
ざっと振り返ろうと思います。




d0153650_23455639.jpg




苺狩りしてお昼を食べた後
むすこたち(わたしとむすめ以外)は陶芸体験へ。
むすこは粘土遊び感覚で楽しんできたみたい。
わたしも陶芸したかったけど益子街散策に。
レンタサイクルで回るつもりだったのに雨がほんと残念。
行きたかったお店の半分も回れず時間切れ。




d0153650_2346099.jpg




ホテルに到着後の光景。

部屋はじいじばあばとは別室。
お風呂は大浴場の温泉に
男チームと女チームで。
むすめははじめての温泉だったけどちっとも泣きもせず。
ベビーのお風呂椅子という便利なもんがあって
初めて使ってみた。なかなか良い。
温泉にあってくれると助かる一品。
でも浸かり足りなくて夕飯後
独りでもう一回お風呂行ったのだけど。




d0153650_23455828.jpg



d0153650_2346153.jpgd0153650_2346351.jpg






1時間半かけてのんびり夕ご飯。
こんなにゆっくり食べれるのも両親のおかげ。
子どもたちは飽きてきちゃってるけど、笑。

そして就寝•••



d0153650_0321548.jpg





のはずが、
寝付けないむすこに
「探検しよっか。」と声をかけ
二人きりで夜のホテルツアー。

これ、夫の案。
夫も小さい頃家族旅行で寝付けなかったとき
義母と夜ホテル探検したのがすごく嬉しかったんだって
どこ行ったとか、全然覚えてないのだけど
これだけは鮮明に覚えているらしい。
むすこがこの日のことを将来覚えてくれてなくても
わたし自身がすっごく楽しくて良い思い出に。



d0153650_0321892.jpg





温泉ならでは、の大浴場前の休憩どころ。
「このお茶、今まで飲んだ中で一番おいしい。」だとか。
どこで学んできたのかね、
そんな台詞に大爆笑したのでした。





d0153650_0513234.jpg





そんな1日目。





[PR]
by ciclico | 2014-04-01 01:00 | 旅日誌 | Comments(0)
2014 家族旅行

d0153650_22471045.jpg


d0153650_224786.jpg


d0153650_22471417.jpg


d0153650_22471275.jpg






息子が幼稚園へ行く前に家族旅行しとこう。
ということでうちの両親も巻き込んでの6人旅。
子を見る目が8個あるってのは素晴らしい。
自分たちだけよりわたしは気楽だった。
ご飯もしっかり食べてきたし自由時間もあって
修学旅行みたいなかんじだった。

初日は生憎の雨だったのだけど
雨を気にしないで良いハウスの苺は
大きくて甘くてこの春分は食べてきた。
もうスーパーの特売のじゃ満足できないかも。
むすめも普段は苺食べないけど
ここのはすごい食べてたぞ。
むすこはもしかして一番食べてたかも。


旅でやりたいこと1は
むすこ希望の「苺狩り」からスタート。

★ いちご団地







[PR]
by ciclico | 2014-03-26 23:23 | 旅日誌 | Comments(2)
紀行  56 カモガワ



d0153650_3132176.jpg




d0153650_3132573.jpg




d0153650_325372.jpg





日曜や祝日に誕生日が重ならなければ
いつも有給休暇を取って旅行へ連れて行ってくれる。
ありがとう。
今年は鴨川へ行って来た。
のんびり温泉とわいわいシーワールドへ。
3人で行く最後の旅行、息子と沢山遊んできた。


図鑑ではアシカ!イルカ!シャチ!など
指差し得意気に云っていたけれど
本物を区別するのはまだちょっと難しいみたいだ。
皮膚の感触が想像できるほど近くで見れる動物たちに
わたしたち親も興奮。
息子もショーでは手を叩きながら真剣に見ていたよ。




d0153650_348098.jpg

よだれが垂れそうである。






夜、月が綺麗で窓際に椅子を並べ皆で見とれる。
カーテン全開にして部屋を真っ暗くして
お酒でも飲みたいところだけど、そこは我慢。
はじめ月以外真っ暗くて見えないけれど
段々目が慣れて海に漁船が浮かんでいるがわかる。
ぽつぽつと漁火、綺麗だ。







d0153650_3212343.jpgd0153650_321191.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_3212594.jpgd0153650_3212149.jpg

               1. ホテルにて。シーワールドのパンプレットに目をやる息子。
               「こことー、こことー、こことー」と見たいところを夫に話していた。

               2. 旅恒例の朝散歩はパスして部屋でぼけーっとする。
               房総は温かかったなあ。昼間はコートいらず。

               3. 帰りは「ふね、のりたいなー」に応えてフェリーで。
               船酔いしそうなわたしは時々デッキに出る。

               4. 一方、こっちはこのテンション。
               夫と船内探検して戻ってくると更に上がっている。
               1泊だったけれど各々楽しむ場所があった鴨川旅行であった。












[PR]
by ciclico | 2013-02-03 02:48 | 旅日誌 | Comments(0)
紀行 55 [よこはま]

d0153650_23574922.jpg

d0153650_23534793.jpgd0153650_23534823.jpg
d0153650_23542415.jpgd0153650_23542092.jpg






ちいさな旅日誌。

本牧でおともだちと別れたあとは
山下公園を息子ペースで散歩したり中華街をぐるりと回った。

コース料理は息子の機嫌が長続きするか不安だったので
いろんな料理を小鉢でいっぺんにだしてくれる
醉楼さんにて晩ご飯にする。
ビールも呑んだりして結構ゆっくりしたが
わたしたちが食べ終わるまできちんと座ってくれていた。
揚げワンタンをバリバリとお菓子みたいに食べていた。

d0153650_20585341.jpg
d0153650_2059324.jpg

d0153650_21435684.jpg




ホテルでは慣れないユニットバスで大泣き。
夜中も何度も泣いていたっけ。
ゆっくり休まらなかったかな。

翌日は海の公園へ。
と、公園ばっかりなのであった。

手に握った砂がさらさらと落ちていくのが
楽しかったみたいで
「うへへへ」云いながら遊んでいた。

息子にとってのはじめての海なのだった。








d0153650_2231388.jpgd0153650_2244877.jpg


          うぅぅーー
 

ダイヴ!!!!!





d0153650_23511256.jpg


d0153650_2350577.jpg


d0153650_23505372.jpg

夫はあさり取りをしていたのだった。










[PR]
by ciclico | 2012-05-27 22:39 | 旅日誌 | Comments(0)
| 上に ↑ |