<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ミッカ

d0153650_18263724.jpg






7月1日(金)~3日(日)

cafe gallery リトルコさんでおこなわれる「ミッカフリマ!」



ご縁がありミッカ目の3日に作品並びます。


手提げがふたつですが
売り上げは全額、震災義援金として被災地へ
(日本赤十字社、宮城県災害対策本部を通して)
のチャリティブースに出します。





d0153650_18262583.jpg

d0153650_18261819.jpg

d0153650_1826286.jpg
d0153650_18261682.jpg
[PR]
by ciclico | 2011-06-30 19:23 | 手しごと | Comments(2)
六月 紫陽花 鳩サブレ 

d0153650_20223768.jpg



暑さも本気を出してきて
こっちも心して取りかからねば。


東京では結構咲いているのに
水上ではまだ紫陽花は見頃ではなくて残念だった。
鎌倉はきれいなのだろうな。


鎌倉に行ってきたよ。という友人と会ってきました。(いいなぁ)
息子を抱っこしたい。と云ってくれて
是非是非!!と連れて行きました。
暫くは子連れで行動となるけれど
そんなのは当然のこと、のように遊んでくれて嬉しかった。
もう中学生の子どもがいる彼女の子育てバナシ、面白くて為になる。


今のとこ、まだ人見知りもせず、誰に抱かれても大丈夫。
知らない人にも軽く笑みをこぼすので
電車で隣になった人は笑いかけたり話しかけたりしてくれる。
ときどき、スルーされることもあるけど、笑。
わたしも以前は(こども)得意な方ではなかったので
その気持ちもわかったりする。
自分にできたと知ると、コロっと変わるもんだな。
今は自分の子も、よその子も可愛いなと本当に思うのだから。


母が週イチペースでやってくる。
メロンをさげてやってきた。
孫を週1回見ないと気が済まないらしい。
確かに今の行動の変化は激しい。
この何日かでまたまた変化が。
後追いの軽めなのが始まった。
まだハイハイができないので這いつくばってやってくる。
姿が見えなくなるとあーあーと呼んだりもした。
出来る限り応えてあげたいけど、
あなた、暑いのねー。




友人と母からの おいすい お土産。
ありがとう。


d0153650_20223441.jpg











[PR]
by ciclico | 2011-06-29 22:03 | 母子手帖 | Comments(4)
紀行 50 群馬 ミナカミ

d0153650_1652214.jpgしばらく山歩きとかしないかと思いきや
以前と変わらず果敢に歩くメニューを旅に組み込む夫。
東洋のナイヤガラと云われる吹割の滝を見に行くのに
結構な山道を上り下り足がガクガクに。翌日は筋肉痛。
こんなに見たことないってほどの蛾とご対面したり
息子の帽子に毛虫が乗っていたり
なかなかスリリングであった。




d0153650_21365531.jpg




d0153650_2146618.jpg

密かに集め続けている、フォルムカード
入って迷わずこれだけを買うもんだから
郵便局のおねいさんに「だいぶ集まりましたか」などと
声をかけられることも慣れました。
全然集まってないけど、シリーズはもう3弾目。
ちっくと熱も冷めてきたとこだけど、旅の恒例として。







d0153650_16382556.jpgd0153650_16381354.jpg
d0153650_16381733.jpgd0153650_16403074.jpg



d0153650_2265358.jpg奈良俣ダムにも行ってみました。
高いところ苦手なのであまり楽しめません。
ダムカレーは食べました。
本日のダムカレーはロックフィルダム(らしい)。
福神漬けの位置がサイドだったり
センターだったりするみたいです。






呑気にこの写真を撮っているこの時は
これから待ち受けている帰路の車内ギャン泣きを
知る由もなかったのである。


d0153650_2240588.jpg





けれど、無事帰って来れたので善し、としよう。
そんなはじめての3人旅でありました。








[PR]
by ciclico | 2011-06-28 06:58 | 旅日誌 | Comments(0)
紀行 49 群馬 ミナカミ

d0153650_2185020.jpg



お世話になったのは
入り口にきれいなもみじがある宿だった。
泊まった部屋の窓は板張りの出窓で、
ちょうどよく腰を下ろせる高さ。
そこから眺めるこのもみじが
またいいもんだなと思った。


麻の暖簾をくぐって2階へあがる。
座り心地がよさげな椅子が2つ並んだ廊下と
食事する奥の部屋と普段使う手前の部屋と
すべてがわたし達だけのスペースと云うからびっくり。
1泊では味わい尽くせなくてもったいなかった。
廊下の椅子なんて帰りに「座っとこ」って
ちょっと腰をかけただけだったよ。
手前の部屋はテーブルがあるところと
お布団敷いて寝るところと襖で区切られていて
布団が敷かれるまでは何も置いてない和室だったので
存分に息子をごろごろさせてあげれると思い放してみたら
ずり這いでわざわざテーブルの下までやってきては
頭をガコンと打ちそうな位置で落ち着いて遊んでいた。
なんでここなのか。。。



d0153650_2191755.jpgd0153650_2185846.jpg
d0153650_219279.jpgd0153650_21909.jpg





家族風呂は素晴らしかった。
お風呂につかりながら谷川岳を眺めることが出来る。
気持ちの良いお風呂だった。
お湯が若干熱めだったので、持参したスイマーバはやめにした。
家のお風呂より広いところでめいっぱい
ゆらゆらさせてあげたかったのだけど。

さて、湯上がり、息子がギャン泣き。わたしは洗顔中。
夫がなだめるもヒートアップ↑↑↑↑↑
とりあえず部屋につれて行く、となったが
浴衣帯をどこかに落としてきたらしい夫、、これまた慌てる。
ちょっと借りるよ、と婦人用の海老茶のを巻いていった。
わたしも今までにないくらいカラスの業水であった。
紺色の帯に巻き直って戻ってきた夫とまだ泣いてる息子。
こんなに泣き続けたこともなかったので相当焦ったけれど
部屋でカエルの唄をうたってあげていたら泣き止んで
そのまま眠ってしまった。
この泣いた後、まつげが涙で濡れたまま眠る姿が
たまらなく母性をくすぐるのであった。

お料理もこれまた素晴らしかった。
夕も朝も大満足であった。










[PR]
by ciclico | 2011-06-26 22:21 | 旅日誌 | Comments(0)
紀行 48 群馬 ミナカミ

はじめての子連れ旅、
ちょっとの不安はありつつも何事も経験ね。と群馬、水上へ。
気持ちの良いお風呂においしいご飯のお宿。
自然いっぱいの場所をずんずん歩く。
ひと泊でも充実した旅でありました。




 


d0153650_10172496.jpg
JR土合駅。
山の中にとんがり屋根の駅舎。
別名[もぐら駅]
なんでも下りのホームがすごい深いところにあるらしい。




d0153650_12371371.jpg



d0153650_15455197.jpg





d0153650_15504296.jpg
改札から左にずっとコンクリートの廊下を歩く。
ホームまでは歩いて10分要すると書かれた看板がある。
10分...
わたしの家から最寄り駅まで5分もかからないのに
これは大変なことだ。
しかし、ほんとに大変と思ったのはこの階段をみたときだった。




d0153650_12371960.jpg


ひたすら階段。
486段あるらしい。
段に数字がふってある。
エスカレター、エレベーターなるものはなし。自力しかない。
降りたいけど、登ること考えたら腰がひけてしまった。
深い場所とは、海抜583m、地下70mの場所にあるホーム。
毎日ここを使っていたら、どんな足腰になるのだろ。



d0153650_1611441.jpg



サルもいた。





d0153650_1631517.jpg




d0153650_16315633.jpg




d0153650_1632490.jpg

土合駅の10分は拒んだけど
利根川沿いの40分は歩いた。
夫は子どもを抱っこして歩いた。
タフだなぁと思った。
沢山汗かいて、この後のお風呂が気持ちよいはず、
なのだった。



d0153650_1644942.jpg

     水分補給はまめに。

      麦茶が飲めるようになって
      ずいぶん楽になった、
      というのも旅をするによき後押しに。









[PR]
by ciclico | 2011-06-26 16:57 | 旅日誌 | Comments(0)
charity bracelet

d0153650_139722.jpg





昨日はじいちゃん、ばあちゃん、息子、わたしの4人で
ぞろぞろとリトルコさんへお邪魔し、お茶してきました。
しばらくギャラリーとか行ったりできないかも、、、
と思っていたけど、快く迎え入れてもらえ、嬉しかったです。
チャリティブレスレット ひとつ買いました。
息子が好きそうな形態です。




d0153650_13455662.jpg
7月1日(金)~3日(日)

「ミッカフリマ!」

12:00~17:00



リトルコさんで行われる毎年恒例の夏のフリーマーケット、
そのうちの最終日の3日(日)に
わたしはチャリティコーナーに作品を置いてもらいます。
2点ですが、どなたかに気に入って頂ければと思います。
売上は全額、東日本大震災で大きな被害の出ている地域への
義援金となります。
他、リトルコさん縁の作家さんたちの作品もいろいろ。
よろしければご協力ください。


期間中はカフェはお休みだそうです。
くわしくはこちらです。
[PR]
by ciclico | 2011-06-22 14:14 | 手しごと | Comments(0)
Half Birthday

d0153650_1057176.jpg




息子、今日で6ヶ月。
ベッド(おとなの)で寝てるのを見ると「ちっちゃっ」と思うけど
少し前の写真とかみると「もうこんなに大きくなったのかぁ」と
しみじみしてしまう。
生活リズムも整ってきたので、
息子もわたしも笑顔でいれることが増してきた。
近ごろの彼のブームは
「紐なめ」と「飛行機でブーブー」。
紐なめ、とはそのまんまで、紐をベロベロ舐めること。
おもちゃに繋いだ紐をいつまでもベロベロしている。
おもちゃよりも紐に喰いついたりする。
しかもちょっとくたびれかけた紐がお好みの様子。
飛行機でブーブー、とはうつ伏せで手足を浮かせて
空を飛んでるみたいな格好をして口でブーブー云っている様。
なんだかわからんけど、この時かなりアドレナリンが出ている。



d0153650_15502281.jpg

こんな挑発めいたこともしてくる。





さて、暑くなってきたもんで夏支度。

上の水色のは息子のパンツ。
裾にゴムいれてかぼちゃパンツに。
歩けるようになろう来年は
ゴムをぬいてズボンではく予定。



d0153650_1057930.jpg

こっちはわたしのズボン。
10年弱はき続けている黒の麻パン。
思い切って丈を半分にしてみた。
実は今年、
数年迷い続けていたHUNTERの長靴を
子どもを産んだのを理由に買った。
きっとこれから芋掘りとかいくじゃない?
とか云って。
なのでそれに合わせてはこうと
ズボンもばっさりいってみた。




途中でストップしていたciclico の C 白ver.d0153650_16364510.jpg


なんだかビミョウ、、、と思いつつも
ふたつき袋に仕立てて、保冷剤入れに。

ベビーカーのとき、子どもの背中にd0153650_16364738.jpg
抱っこのときはわたしと子どもの間に
挟んで使おうかと。
ふくさとしてもいけるかな。



そんなこんな、で迎える2011年、夏。

省エネしつつ、頑張ります。
[PR]
by ciclico | 2011-06-20 17:24 | 母子手帖 | Comments(4)
ぺったん ぺったん

d0153650_17575296.jpg
d0153650_17575550.jpg

洗濯板でゴシゴシ洗っても
なんかうっすら黄ばみは残る布おむつ。

気分を変えて柄ものにしてしまえ。と
はんこを彫って押してみた。
一応 ciclico の C なのだった。

白でも押してみたくて
スタンプよりも付きが良さげなファブリック絵の具を買った。
布地を変えて、さあやろう!
というところでおよびがかかる。

息子には、待つ楽しみ を教えてもらっている。
[PR]
by ciclico | 2011-06-18 18:37 | 母子手帖 | Comments(4)
その 木曜日。


結局みんな(夫も息子も)でわたしの用事ある現場まで行き
用事の間、夫が息子の面倒を見る。ということになりました。
用事だけなら2時間ちょっとで済むのでミルクの心配もないし。
外出も楽しいし。電車も慣れてきたし。


いつもより少しだけゆっくり本屋も見れました。

2冊購入。


d0153650_22352481.jpg
このシリーズ、コンプリートしたいかも。
紙も厚めなので子どももめくりやすそう。




d0153650_22352727.jpg
図書館で借りて
いくつか作ってみて、気に入ってしまった。





わたしがいない間、ふたりは何をしていたかと聞けば

街にいた絵描きさんに似顔絵を描いてもらおうか迷ってた。
らしい。

それはさ、
3人のときにやろーよ。
[PR]
by ciclico | 2011-06-16 22:52 | とりとめのない話 | Comments(2)
活動

先週から別の児童館にも行って
児童館のかけ持ちをしている。

新しく行き始めたところは
今まで行っていたところよりも実は家から近い。
なのにわざわざ5分余計に歩いて遠い方へ通っていた。
地域で一番大きな児童館だからということで。
こっちは児童数も多いので何するにもわいわい楽しかったりする。
新しく行き始めた方は建物も古くて小さな児童館。
0才の子は今日は5人だけ。前回は2人だった。
児童数はかなり少なくて他の年齢の子と混ざって活動している。
お山の学校みたいだ。けどそれが違った交流ができて新鮮だったりする。
兄弟(姉妹)がいるならこっちの方がまとめて見れて楽しそう。
お唄も生オルガン弾いてくれたり(一方はCD)
絵本も読んでくれた。先生の絵本の読み方、勉強になる。
子どもたち、釘付けだった。
自分の頭の中にあった児童館というものにかなり近かった。
大きい方の児童館も良いとこあるので
しばらく週1づつ、ふたつ通おうかな。




d0153650_21233069.jpg


タライにカラーボール。 湯船のようなベビーチーム。
息子はいちばん左の光りすぎなやつ。

[PR]
by ciclico | 2011-06-15 22:09 | 母子手帖 | Comments(0)
| 上に ↑ |