<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
atelier + F/styleの提案

今年の秋、アトリエショップを
始めようとしている方とお会いした。
そのお店でciclicoの作品を扱ってみたいと
有り難いお言葉をいただいていたのだった。
思い出してみるとブログやメールでのやりとりを
し始めてもう2年弱になるのかと思うと、
実際は初めてお会いしたのだけれど
やはり何度か会っている感覚に陥る。
待ち合わせも、新宿という人波の中でも
彼女を見つけることは容易かった。
息子もはじめて会って、すぐに馴れ馴れしく
スリスリしていた。声がとくにいいな、と思う。
優しい声の持ち主なのだ。
作品も、やはり優しい。温もりのあるもの。





今、オープンに向けて準備しているというアトリエ (写真お借りしました)

お教室したりもするそうだ。

d0153650_230417.jpg

糸を紡いだり草木で染めたりするみたい。

すてきね。

わたしも引き締まってきた。

しっかり作らさせてもらいます。







それと、もひとつ。

F/style の展示に行って来た。





d0153650_23115186.jpgd0153650_23114884.jpgd0153650_23112013.jpg1 | 2
ー ー
☆| 3


    1. 土曜日はF/styleのおふたりも在廊されていた。
    2. まーた、靴下かよー。 なのである。
    3. 他には銅のコースターを購入。ニットも欲しかったけど断念する。




F/styleのくつした、素晴らしい。
これ、これ、これ!求めていた履き心地。
気に入って3足目を追加した。本当にいい。
4枚目に履くとして、中の3枚、
とくに1枚目のシルクってゆったりさんなので
履いていると泳ぐときがあるのだけど
それを抑えてくれつつ、けど締め付け感がゼロ。
素材も気持ちが良くて、とても気に入っている。
色はこのオーガニックの他にグリーンと
ネイビーを持っている。



d0153650_23535574.jpg


d0153650_2354247.jpg


ムチムチあんよのbabyものもある。
サイズが1つで息子はもう卒業サイズで残念である。
贈りものにいいかも。
(写真はF/styleさんの)







[PR]
by ciclico | 2012-06-30 00:13 | とりとめのない話 | Comments(2)
admiさん  Exhibition



d0153650_2244586.jpgd0153650_224475.jpgd0153650_2245091.jpg




admiさんの展示を見にリトルコさんへ。
木版プリントで作られているadmiさんのテキスタイル。
滲んだり擦れたりしているところや
使われている色合いがなんともいいな、と思う。
今回は2つ迷って、はじめに好きだなと感じた方の
生地をいただいてきた。これで、あれやあれを作ったら
かわいいだろうな、と頭の中ではいくつも完成しているが
まったくもってまだ手を付けていないのである。とほー。
次のお休みに生地だけは洗っておきたいなあ。
しかし天気予報は雨:::マーク。とほほー。


リトルコさんでは一度お会いしてみたかった
店主ひらまさんの甥っ子ちゃんと会えた。
息子より3ヶ月お兄ちゃん。
豆好きらしく、なんと珈琲豆にも反応していた!
「まめ!まめ!」とはっきり云ってる、かわいい。
うちの息子は皮なしウィンナーソーセージとか
お魚ソーセージが好きで「ウィンナ!ウィンナ!」
と混ぜって作った料理からウィンナーを
まず掘り起こして食べている。
ひらまさんの甥っ子ちゃんの「まめ」も息子の「ウィンナ」も
言葉のアクセントが一文字目にきていて
何と云うか、これがずっと聴いていたいくらいかわいいのである。
癒されたな。
それからお隣に座った方が「ちくりこさんですか」と
声をかけてくださった。
ここを見てくださっている方と心の準備なしに
突然お会いするのはちょっと照れるが
これからも頑張って行こう、と沸々と力が湧き出るのだった。
有り難いのである。
このところ、家事、育児、新しく始めた仕事、で一日が
あっ!!!というまに終わってしまっていたが
また30分でも15分でもできることをコツコツやっていこう。
そだ、そだ、忙中閑ありだ 。





d0153650_2244112.jpg
贈りもの、頼んだらこんなすてきなことに。


d0153650_224431.jpg
水無月もあと3日か。
あっさりと父の日も結婚記念日も過ぎてしまったわ。









[PR]
by ciclico | 2012-06-27 23:34 | Comments(0)
砂あそび



d0153650_20411312.jpgd0153650_20411765.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_20421016.jpgd0153650_2041599.jpg

  1. 今日も公園にやってきた。
  2. 芝生よりも砂が好きで、綺麗なまま帰れる日はないのだった。 
  3. 帰る前に「手を洗おう!」と水道に連れて行く
  4. 素直に洗ってくれることはないのだった。



d0153650_20412713.jpg

帰りは決って肌着と素足姿。
ベビーカーの下には汚れ物がどっさり。
帰ったらすぐお風呂→汚れ物の下洗い。
雨の日がちょっと嬉しくなりかけていたこの頃だった。


そうだ、そうだ。
頂いていたこれを着せよう!

d0153650_20413468.jpg

割烹着のような、ツナギのような、この服。
「お砂遊びのときに使って」
と、云ってくれていたのだった。


d0153650_20421222.jpg

よいです。よいです。

存分に遊んでくださって結構!!
息子も嬉し、母も嬉し、
家に帰ってからの仕事量が少し減ったのである。


d0153650_20413647.jpg

シャベルよりも お玉が似合う。



この服を作ってくれた人 suisuiさん
どうもありがとうございます







[PR]
by ciclico | 2012-06-24 21:28 | 母子手帖 | Comments(8)
冷えとり乙女

d0153650_2033521.jpg





生姜の佃煮を作ろう! 
としていたのに生姜を刻んでいる途中で
干し椎茸を切らしていることに気づく。
嗚呼、、、。
椎茸の戻し汁が味の決め手と思われるのにやはり無いとなあ。
少し悩んで、急遽シロップ作りに変更する。
せっかくコトリ工房さんからレシピを教えてもらったのに。
不本意な気持ちはシロップ作りにも表れてしまう。
危なく焦げる寸前まで煮詰めていた。
あと数秒で台無しにするところだった。
もう。危ない。
大きな声で云うことではないが、
今、産後2度目の「乙女の日」。
2年も遠のいていたのですっかり忘れかけていたが
このダルさ、腰の重さ、鈍痛、こんにちは、である。
産前は痛み止めなしでは考えられなかったが
先月のときも、今も、薬無しでやっている。
痛いは痛いのだけど、飲まないでも生活できる程度。
これも冷えとりのおかげなのかな。
そう思うとまた靴下を増やしてしまうのだった。






d0153650_20341070.jpgd0153650_20341135.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_2034848.jpgd0153650_20352733.jpg



                 1. 黒密色になってしまったジンジャーシロップ。
                   スライスは美味しくできあがる。
                 2. 破れた靴下を繕う。やり方はcotteさんのを見習って。
                 3. 花形に縫っても可愛かったなあ。と途中で思ったが突き進み完成。 
                 4. 無印で重ねて履くシリーズを発見。試してみたくて3足購入。








わたしが買ったのは綿麻混リブソックス
綿シルク混ざっくりリブ靴下
を2色。
今のところ4枚履きが日常なので4枚目に履いてみた。
ざっくりリブの方はちょうどよい。
6枚目に履いたらどうだろ。
下が薄め薄めならいけるかもしれない。
綿麻リブは4枚目でピッタリ。
もう余裕なし、といった感じだった。
冷えとり前の靴のサイズが23、5cmなので
この靴下(23〜25cm)の振り幅の小さい方であるが
2枚目設定なのかもしれないところに
4枚目で履いてしまったようだった。

始めの写真はシルクソックスを繕うための
糸と布。勿論どちらも絹。
布は骨董市や古着着物など扱うお店ではぎれを買った。
よくみると花模様がちらちらしておりかわいいのだけど
ちくちく縫ってしまうと全然目立たないのだった。
それでも自分だけは知っている うふふゴト。











[PR]
by ciclico | 2012-06-17 22:30 | とりとめのない話 | Comments(6)
カッパとカエル

d0153650_2310563.jpg






休日は舎人公園へ。
静かで綺麗で遊ぶにも善し歩くにも善し!
近所に欲しいなと思う公園だった。
今住んでいるところも近くに区の大きめの公園と
適度な大きさの公園がいくつかあって
散歩の度に今日はどこ行こうかな、と
悩ませてくれるのだけど
ウキウキする選択ではないのであった。
少しガッカリすることがあるである。
食べたもの、飲んだもの、吸ったもの、
片付けてほしいのである。切に願う。
こどもは宝ものをみつけたみたく
嬉しそうにつまもうとするからね、
親はドキリとしちゃうのである。

さて、トネリーでやや強引だったが滑り台デビューする。
基本的には息子の意思を尊重して
嫌がるものは無理強いしないことにしているが、
今回はごめんよ。
お母さん、乗りたかったんだ。





d0153650_23101453.jpgd0153650_23104741.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_23105027.jpgd0153650_23105050.jpg


                 1. 全力で逃げ出そうとする息子。
                 2. 滑り台というか土手滑り。楽しかった♫
                 3. じゃぶじゃぶプールも楽しめそうな作りだった。
                 4. 「カンパーイ」かわいいのだけど、しつこいのだった。






今、どんどん言葉を云えるようになってきて
(いや、どんどんは云い過ぎた)
会話らしきものをしたりする。
初めての2語文は、「パパ ねんね」であった。
歌も唄っていると入ってくる。これは嬉しい。
一緒に唄っているとなんて平和でいい時間なのだろ、
と思うのである。

ちなみに彼が唄える歌は今3曲で
1、パパ ママ ぼく いぬ ねこ ぞ〜う という
ピタゴラスイッチの中の歌。
ぼく、以降の言葉はきちんと発せないけど
音程はなかなかである。夫よりも期待できるぞ。

2、かえるの唄、
これはわたしがずっと子守唄で唄っている歌。
いつもゲロゲロから便乗してくる。
また かえるの〜と繰り返すと 
んんんとハミングっぽくごまかして
ゲロゲロから力が入る。

3、かっぱ寿司の歌、
これは夫が子守唄にしている唄。
なんでこの唄なのか、、、
夫が寝かしつけでこの歌をはじめて唄ったときは
噴き出してしまったが、今では夜ベッドで横になると
「カパ カパ」と自ら唄う息子なのだった。
最後は「カパジュシ」とフランス語ぽく云っている。
まだ寿司の食べれない1歳児の唄である。

というのが
ちかごろの息子バナシなのだった。

ついでに、しつこいまでのカンパイは
「パイ!!!」である。





[PR]
by ciclico | 2012-06-17 00:33 | 母子手帖 | Comments(2)
日日+冷えとり



d0153650_22504045.jpgd0153650_22504085.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_22504329.jpgd0153650_22503846.jpg


 1. むふふ なリトルコさん便り

 2. はるさんでおかいもの1 サンコーの赤ちゃんせんべい と 棕櫚の亀の子

 3. はるさんでおかいもの2 冷えとりものを買い足し。

 4. 朝ヨーグルトに入れるバナナも鉄のフライパンで焼いて鉄分をちょっとでもプラス。






ライブコットンの靴下を2足買い足した。
いつものシルク5本指と紺のコットン先丸。
コットンの方はなんとなくおじさんちっくな感じ。
洗濯後うっかり夫の引き出しにしまわれないように
またはしまわないように注意しないと、ってほど
おじさん的。けどそうゆうの結構スキなのだった。

はるさんのご主人も冷えとりしてるとあって
べちゃべちゃ話してきたのであった。
冷えとりしてる男の人と話したの初めてだったけど
もはや冷えは男も女もないのね。
ご主人は今4足だけど6足にしようとしているのだとか。
実はわたしも!! 
今日のような気候はウール履きたいくらい。
問題は靴、困った、困った。




d0153650_2154686.jpg
レギンス2枚 靴下4枚

2枚目のレギンスは5分丈でマタニティ時代のもの。
胸下まで来て腹巻き代わりにもなるしよく伸びる。
この夏は重宝しそうだ。






そうそう、
よく落ちると評判のこちらの青い洗濯石けん。
靴下用と、布巾とか洗う用でひとつを半分こして使用中。
すすぎも楽で香りもスキ。









[PR]
by ciclico | 2012-06-12 22:10 | とりとめのない話 | Comments(4)
雨の日デートは植物園

d0153650_2352043.jpg


d0153650_23514100.jpg


d0153650_2351267.jpg


d0153650_2351626.jpg







今日は雨だったのでお散歩は屋根のある熱帯植物園へ。
考えてみたらこうゆうとこに息子と2人で来るのは初めてだ。
階段もあまり高くなければ上り下りもできるので
しっかり歩いてもらって刺激的な良い散歩になったと思う。

ART JUNGLE 
これ、去年のある日にここを訪れた人たちの作品なのだとか。
一般の人のちぎり絵。すごい。
家族で参加されてる人もいて、わが家もやってみたいな。
むすこ、ちぎるの特技だし、笑。
今日も本のインデックスやぶられ、修復したのだった。






d0153650_2372795.jpgd0153650_2372849.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_2373020.jpgd0153650_2372426.jpg

                 1. 海の生き物編1と2と大地と空の生き物編とあり。どれもスバラシイ。
                 2. なんの植物、だとかほとんど見れてないのだったが楽しかった。
                 3. 木々をみながらライブラリー。
                  熱帯の木には年輪が出ないということを初めて知ったのだった。
                 4. 小さな水族館もあり。生きた魚を初めてみた息子なのだった。








パソコンが調子悪く、文書打つのにえらい時間がかかって
ブログ更新もメールも億劫になっていたけど
検索しつづけて「これだ!」に行き当たり解決したのである。
ああ、嬉しい。
修理か、買い替えか、って思っていたのでとても嬉しい。
そんなわけで、
もちょっとまめに更新できたら、と
今は思っているのであります。









[PR]
by ciclico | 2012-06-10 00:23 | 母子手帖 | Comments(2)
日日。

d0153650_2036716.jpg

朝、postにうれしい便りが入っていた ♫


水無月らしい組み合わせににんまりしてしまう。
こんなお便りをサラリと送れる人になりたいな。






カードはnaruseさんの傘になりたい月。
遊んだときわたしも一緒に買ったのだけど
とても気に入っている一枚なので
惜しくて手放せないでいたのだった、笑。
あえてわたしに送ってくれたおかげで
心置きなくわたしも誰かに便りが書けるわ。
紫陽花の包みの中はロム。
遊んだときの写真を焼いてくれたのである。

お仕事だったので、帰宅後上映会。





d0153650_20362037.jpg
息子と一緒にみさせてもらったよ。


d0153650_20362363.jpg
段々前のめり+立ち上がる



柔らかい写真は撮る人とおんなじ。
写し出されるものなんだね。

どれもとても好きなのだけど
とくにいいなぁ、この2枚。





d0153650_20363673.jpg

d0153650_21114047.jpg


こどもたちの仕草や表情がたまらんのだ、笑。
ajisaiさん ありがとねん





話はとんで、naruseさんのブログ読んでいたら
新しく始めるベビもの、気になりますな。


上映会のあとは、恒例のお散歩。
いつもお仕事は朝から昼までなので
午後は息子と近所をぶらぶらしているのである。

今日は道路を直している現場を少し見学。
帰り、ダンプカーに乗ったおじさんが
「またおいで」と云ってくれて
家に帰ってすぐ本棚から乗物の本をだして
ダンプカーやパワーショベルを指していた。
実際見てきたのは小型の働く車なのだけど
息子が指差したのはオフロードダンプで
きっと、息子にはそれくらい大きく見えたのだろう。

明日は雨らしいから工事はおやすみかな。




d0153650_21242561.jpgd0153650_21243065.gif1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_21242022.jpgd0153650_21242378.jpg


                 1. 砂をすくって足にかける、という理解できない遊びに夢中。
                 2. 右をやったら今度は左。 
                   昨日靴洗ったばかりなのにな(汗)ま、いっか。やれ!やれーい!!
                 3. 夜はたいてい5時半頃2人で並んでご飯。
                   洗い物を少なくなるし、息子を見ながら食べられるワンプレートが多い。
                 4. 今夜は豆もやしのナムル 切り干し大根 豚ニラ炒め 
                   納豆しらす飯 みそ汁












[PR]
by ciclico | 2012-06-05 22:04 | 母子手帖 | Comments(5)
日日。
d0153650_22592043.jpgd0153650_22584019.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_22591510.jpgd0153650_22591243.jpg

 
 1. ある日のおやつ・胡麻豆乳プリン

混ぜて固めるだけなのにとても美味しい。
そこにきな粉+バニラアイスを加えると尚オイシイ。
この夏の定番になりそうなのだった。


 2. 横浜土産・華正楼の月餅

ときどき無性に食べたくなる月餅。
小さいサイズを買ったのだけどそれでもどっしりおやつ。
1個を半分にして2回に分けて食べたのだった。
だんだん甘ーいのが苦手になってきた気がする。


 3. 本人はお気づきでないが、髪を切ったのである。

相変わらず寝ている隙にパツンパツンしている。
座っておとなしく切らせてくれるのはまだまだ先のようだ。


 4. 昨日扇風機をだしてしまった。

独り占めしすぎなのだった。









[PR]
by ciclico | 2012-06-03 23:22 | とりとめのない話 | Comments(2)
| 上に ↑ |