<< 帰省 桃の節句。 >>
器と食事と食器棚

d0153650_0152045.jpg


d0153650_0152213.jpg




さぱんのパンを買いに開店直後の温々へ。
お向かいのかぎろひで有機野菜を買って
さっさっと簡単なおかずを。
わたし的に幸せな昼ご飯だった。

むすこはおしり、おしり、と云ってプチパンを食べていた。
もうおしりとかその手の言葉がツボみたいで
一人で云って一人でうけているのである。
なんか男子だなあ、ってかんじなのである。

むすめはご飯党である。
パン、麺、今のとこあまり好きでないみたいで
毎食お粥である。
食欲は結構でてきたかんじ。
むすこの10ヶ月のときのご飯と比べてみたら
歯の数が違うので形状は違うのだけど
量はだいたい同じくらい食べていた。
小食かと思ったらそうでもないみたいだった。




d0153650_0341830.jpg

今朝の。 5倍粥、人参ツナ豆腐のとろとろ、ばなな。







さて、先日夜中に急に思い立って
食器棚の整理をし始めた、のつづき。

翌日夫に駄目だしされたらショックだわあ、
と思っていたけど使い易くなったと
褒めてもらえたのだった。 ほっ。




d0153650_2372891.jpg



d0153650_2373399.jpg







食器棚は上はガラス扉で下は木の扉で
間に引き出しがひとつあるタイプである。
夫と暮らす前からわたしが使っているものでもう随分経つ。
家族も増えて器も増えて大きいのが欲しい気持ちもあるが
小さな台所にはこのサイズがピッタリすぎるほどピッタリで
料理して振り返れば手が届くのが気に入っていたりもする。
それに食器棚を大きくすると確実にまた器も増えてくるわけで
ここはやっぱり我慢、なのである。
ただもっと良くならないかなあ、とはずっと考えていた。
夫が部屋で使っていた白い棚が払い下がってきたので
もしかしてここに入れたら良いかも知れないと下段に入れてみた。
横幅がもうちょいあったらより良かったけどそれでも以前のより良い。
以前のは棚板が1枚しかなくて
100均のコの字ラックで増やしていたのだけど
出し入れがあまりし易くなかったのであった。
ビフォアの写真がないのが残念である。
今まで下段で使っていた棚板は上段に移して5段に。
あとはてづくりの木の棚などで仕切ったりしている。





d0153650_23274471.jpg





こちら3年前の上段の写真。
うーむ、増えてるなあ。



そおして新入りさん、笑。



d0153650_1291542.jpg




たくまポタリーさんの飯椀。
飯椀、ずっと欲しくてね。
ちらちら見てはいたのだけど
やはりたくまさんのにしたのだった。
使っている箸置きともお揃いなのである。


子どもたちに気を取られ
食べた気がしないときも多々あるなかで
好きな器で食べるのは食べることを大事にする
近道なのかもしれない。




d0153650_1445594.jpgd0153650_1445739.jpg1 | 2
ー ー
3 | 4
d0153650_1445960.jpgd0153650_145724.jpg
1. 図書館より。予約したのはいつだっけ?今年の夏はどこか食べに行きたいな。
2. 今日からmitoさんのエプロン展 。名古屋〜。
3. 見習いたいこと、沢山つまっていた。
4. こちらも勉強になる。 まだまだだなあ、ずぶん。知らないこと多いわ。




d0153650_1493410.jpg




d0153650_1493249.jpg


台所に立ちたくなる本。







[PR]
by ciclico | 2014-03-09 01:41 | とりとめのない話
<< 帰省 | 上に ↑ | 桃の節句。 >>